2010年3月21日日曜日

Bread and Communication

今、パンを買いに行って来ました。毎朝の私の朝食はトーストとバターとジャムです。私の知っている範囲に一番美味しいパンは井の頭通り沿いにある「Levain/ルヴァン」という名前のパン屋さんのパンです。多分、富ヶ谷の近所の方々はほとんど知っているパン屋さんだと思います。ルヴァンのパンはちょっと高いですけどナチュラルでとても美味しいです。毎日食べています。

ルヴァンのお店の隣にカフェがあります。ルヴァンのお店からカフェの中を見えます。時々そのカフェに展覧会があります。今日、パンを買う時にカフェに「何か、写真の展覧会をやっていないか」と思って、お店のスタッフに聞いたら、「写真としゅわの展覧会です。」と教えてくれました。しゅわ?何だろうなと思いまして見に行きました。

30枚くらいの写真がありまして、すべての写真は手の写真でした。そうかと思って、手が好きなフォトグラファーだと思いました。カフェはけっこう込んでいました。各写真をゆっくりみて、じゃあ、そのしゅわを見ようと思ったら、沢山の人が、耳が聞こえない人の手の言葉で会話をしていると気づいた。そうか!と思いました。しゅわって、「手話」だと分かりました。それで、その写真はただの手の写真じゃなくて、「あ」から「ん」までの手話でした。

私にとって手話の世界は新しい世界でした。カフェにいた人たちは耳が聞こえない人と聞こえる人も手話で会話していました。手話で話せる耳が聞こえる人は手話のサークルで勉強をしていたそうです。ある意味では手話は外国語と同じだと思いました。上手になる為に勉強と練習が必要です。

手話って、当たり前かもしれませんが文字だけじゃなくて、よく使う単語と文書はまとめてあります。例えば、違います、お任せします、ありがとう、なるほど!などを一つの動作で表現します。

ホサナさん「お任せします」

video

利来彩さん「違います」

video

私「なるほど」

video

展覧会の写真を撮った二人の女性、森下利来彩さんと上山ホサナさんと長く話しまして、色々な面白いこと教えてくれました。手話も少し教えてくれました。二人もとてもすてきな人です。感動しました。

私の姉が目が見えない、耳が聞こえない人ですが一人で買い物に行ったり、料理したり子供4人育ちました。彼女に言われたこと皆さんに伝えたいです。「この社会の中で私みたいな人は体が不自由だと言いますが、実は私みたいな人にはこの社会が不自由です。」

2010年3月14日日曜日

The Weather and Food

今日もいいお天気で気持ちいいです。どこか、自転車で行きたくなります。私の国にこんなにいいお天気は滅多にないです。イギリス人のジョーク、「This year, summer was on a Wednesday.今年の夏は水曜日にありました。」残念だけど、イギリスは悪い天気とまずい食べ物で有名です。しかし、いいお天気にならない訳ないし、美味しい食べ物もあります。両方も珍しいだけです。しかし、毎年の9月末、10月の始めにイギリスへ行く時のお天気はけっこいいですよ。

Silverton, Devon (デボン州シルバートン村) 2009年10月 いいお天気でしょう

私の母は絵描きでした。私が11才から15才まで絵の先生でした。彼女が勤めていた学校の料理の先生が突然に止めた時に、学校の校長に「料理も教えて頂けませんか。」と言われました。2年間ぐらい絵も料理も教えていました。教えていた料理はイギリス料理でした。

私は7才まで外食した事がなかったです。ある日に友達のお母さんに食事に誘われていました。その友達の家は自分の家から歩いて4分だったので直ぐに母に聞きに行きました。許可をもらって食べに行きました。驚きました!不味かったです。家と違って、ほとんどの食品は缶詰食品か冷凍品でした。デザートは甘くて不味かったです。その時に私の母はどれくらい上手かよく分かりました。

16才と17才の時に私の村から15キロ離れた町のカレッジに通うことになりまして、そのカレッジに留学していた外国人が多かったです。イラン、フランス、スペイン、イタリア、日本、コロンビア、ベネズエラなどからの友人ができました。毎週の日曜日に一人、二人の友達がSunday Lunchを食べに家に来ていました。全員は「イギリスでこんなに美味しい物食べられるか知らなかった!」と言ってくれました。


Sausage, egg and chips at The Lamb Inn, Silverton - 超美味しかった!

イギリスと比べると日本は料理の天国です。日本のどこにいっても、美味しいお店があります。良くなくても、「まあまあ」ですね。イギリスでは不味いお店が多いです。毎年イギリスに帰っています。よく分かったのは、たまたま美味しいお店を見つけることがめったにないのです。その町を知っている美味しい食べ物が分かる友達に聞くことしかないのです。イギリス料理の問題ではないです。イギリス人の問題です。なんか、沢山のイギリス人には食べ物が大切な事ではないです。

30年前くらいにフランス人の友達が、「イギリス人は何を食べても平気だから大英帝国が出来ましたと思う。」と言いました。私は笑っていましたが本当にそうかも知れません。